トップページ市民税課ふるさと納税寄付金の使い道

寄付金の使い道

使い道の選び方

 ふるさと納税今治では、ご寄付の申込をいただく際に次の分野から使い道をお選びいただき、関係する事業の財源としています。

  1. 今治を元気にする(地域活性化、産業振興等)
  2. 今治の人を育てる(子育て支援、次世代人材育成等)
  3. 今治を守る(防災、福祉、環境保全等)
  4. その他(寄付者要望)
  5. 市長に一任

 平成30年度は約4億5千万円のご寄付をいただきました。地方創生の大切な財源として活用させていただきます。
 昨年7月、西日本を襲った記録的な豪雨により、本市でもいたるところで土砂崩れ、浸水被害等があり、特に島しょ部で甚大な被害がありました。今後の復旧・復興に向けて、災害支援の寄付受付を開始させていただいたところ、本当に多くの皆さまからご支援を賜り、心から厚くお礼申し上げます。今回ご寄付いただきました寄付金につきましては、被災された方々の生活再建支援など本市の復興のため、大切に活用させていただきます。

 昨年度は、代表的なものとして下記のような事業を行いました。

該当事業(抜粋)

1今治を元気にする(産業振興・地域活性化事業等)

地域活性化

自転車を活用した観光振興事業

 サイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道」の認知度が国内外で上がっていることに伴い、レンタサイクル利用者数も大幅に増えているため、レンタサイクルターミナルにレンタサイクル用の自転車を購入いたしました。

自転車を活用した観光振興事業の写真

日本遺産村上海賊魅力発信事業

 平成28年に村上海賊にまつわるストーリーが日本遺産に認定されました。たくさんの方に村上海賊の魅力を知っていただくためPR活動を行いました。

村上海賊に扮して説明している写真
村上海賊に扮して説明しました

バリィさんも村上海賊の陣羽織を着てPRしている写真
バリィさんも村上海賊の陣羽織を着てPR

中心市街地再生事業

 中心市街地にかつてのにぎわいを取り戻すため、市と中心市街地再生協議会、市民団体が協働で、1.まちなか居住の促進、2.まちなかのにぎわい創出、3.まちなかの価値向上を目指し、様々な事業やイベントを展開しています。

夜市の写真
土曜夜市

夜市のダンスパフォーマンスの写真
夜市で子どもたちがダンスパフォーマンス

産業振興

地域産業支援事業

 経営支援や人材育成等を通じた地域産業支援の他、新産業創出や起業家支援に取り組む地場産業振興センターの運営や事業実施を支援するもの。

2 今治の人を育てる(子育て支援、次世代人材育成等)

子育て支援事業

バリっこフェスタ運営事業

 今治市児童館7館の合同行事として、児童館活動について広く理解を深めてもらうために、児童館及び地域協力団体・法人等が一堂に会し、児童に健全な遊びを通じて健康増進と情操を豊かにするとともに、児童の健全育成の推進を図ることを目的とするものです。平成30年度で12回目の開催となります。(平成30年度来場者数:約6,500人)

それぞれの児童館が楽しい遊びを用意しましたの写真
それぞれの児童館が楽しい遊びを用意しました

気分はパティシエの写真
気分はパティシエ

スマイルママフェスタ開催事業

 母親の笑顔をコンセプトに母親がリフレッシュできる場、家族で楽しめる場を提供しています。子育てにやさしい社会の実現を目指して開催しています。

スマイルママフェスタの写真

愛顔えがおの子育て応援事業

 第2子以降のお子様が生まれた家庭に、おむつの購入に使用できる「愛顔えがおっ子応援券」を支給しています。(平成30年度発行乳児数561人)

えがおっ子応援券の写真
愛顔えがおっ子応援券

教育

学習アシスタント配置

 より良い教育環境の提供や確かな学力の確立などに寄与するため、教員OBなどを小中学校に派遣し、授業担当教員や児童生徒の学習をサポートするもの。
(平成30年度実績:28人)

小・中学生医療費助成

小・中学生の入院・歯科通院無料化

 小・中学生が入院した場合、医療費保険が適用される診療にかかった医療費は払い戻しされます。また、歯科通院は窓口負担なしで診療を受けることができます。

3 今治を守る(高齢者支援、環境保全等)

防災

自主防災組織の活性化や防災士の育成事業

 平成30年7月豪雨では、今治市においても大規模な土砂災害により甚大な被害が発生し、自助・共助の大切さを再認識しました。今後、南海トラフ巨大地震も懸念される中、共助の部分である自主防災組織の活性化、防災士育成の取り組みを推進し、更なる地域防災力の向上を図ります。

防災士フォローアップ研修の写真
防災士フォローアップ研修

怪我の応急処置を実践研修の写真
怪我の応急処置を実践研修

備蓄用食料・物資の購入

 大地震などの緊急時に備え、食料や日用品等の物資を備蓄しています。

各家庭での備え(自助)も必要です。の写真
各家庭での備え(自助)も必要です。

高齢者・障害者支援

 今治市では、高齢者や障がい者の方々も安心して暮らせるやさしいまちを目指しています。

高齢者見守り事業

 独居老人の安否確認を兼ねた配食事業や民生委員、見守り推進員の訪問など、地域ぐるみで見守りを行うもの。

環境保全

野生鳥獣による農作物被害対策事業

 農地にイノシシ等の野生鳥獣の侵入を防ぐため設置する電気柵やワイヤーメッシュ柵など防護柵の資材購入費を補助しています。また新規狩猟免許取得の支援やわな猟研修会の実施、捕獲鳥獣の買上げを行っています。

ワイヤーメッシュ柵設置の様子の写真
ワイヤーメッシュ柵設置の様子

水産資源保護事業

 藻場造成や森づくりにより、悪化する海洋環境の改善に取り組むとともに、減少した水産資源を稚魚放流等により回復させています。

水産資源保護事業の写真水産資源保護事業の写真2

救急医療体制

第二次救急医療体制維持

 医師会、各病院との連携強化、愛媛大学医学部附属病院の医療チーム派遣等により、市民が365日医療を受けられ安心して暮らせる体制の構築を図っています。

  

令和元年度にふるさと納税を活用して実施する事業(PDF 113KB)

情報提供

国内最強の地域連携型カード(バリィさんカード)

人気ゆるキャラ「バリィさん」のクレジットカードができました。

コンセプトは、国内最強の地域貢献型カードで、お買い物などでバリィさんカードを使うと手数料の一部が今治市へふるさと納税として寄付される仕組みで、使えば使うほど地域貢献できるカードです。

特典としてオリジナルバリィさんグッズプレゼントの他、今治市内の観光施設や文化施設の優待割引などが付いています。ポイントがたまれば、ふるさと納税今治の特産品との交換もできます。

企業(三井住友カード株式会社、第一印刷株式会社)社会貢献意識と自治体の活性化への思いがコラボした先駆的取組です。

寄附申込のページへ

バリィさんVISAカード(クレジットカード)入会は三井住友カード
ふるさと納税今治と連携したバリィさんカード登場!

お問い合わせ

市民税課

電話番号:0898-36-1510
メール:siminzei@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1