トップページ市民税課市・県民税の申告

市・県民税の申告

市・県民税の申告について

市・県民税の申告は、1月1日現在、市内に住んでいた人が対象です。地方税法により、3月15日までに申告することとなっておりますので、期日までの申告をお願いします。申告の際には、ご本人確認をさせていただきますので、ご本人確認書類をご持参ください。

また、収入や控除等がある方は、それらを証する書類もご持参ください。

なお、申告が不要の人でも、国民健康保険や介護保険に加入している人、児童扶養手当を受給している人、所得(課税)証明書の発行が必要な人等は、申告が必要な場合があります。

申告が必要な人

1月1日現在、今治市に居住しており、次に該当する人は申告の必要があります。ただし、税務署に確定申告書を提出される人は除きますが、確定申告を行う際には、市・県民税に関する項目も漏れなく記入をお願いします。

  1. 事業(営業、農業、漁業等)、不動産、配当、一時所得などがある人
  2. 給与所得者で、次に該当する人
    • 勤務先から給与支払報告書が提出されない人
    • 昨年中に退職した人
    • 源泉徴収票に未記載の社会保険料控除、扶養控除や医療費控除等を受ける人
  3. 公的年金等の受給者で、確定申告が不要の人のうち(公的年金収入が400万円以下でそれ以外の所得が20万円以下の場合)、次に該当する人
    • 公的年金収入以外に個人年金等の雑所得など、他の所得があった人
    • 公的年金等の源泉徴収票に未記載の社会保険料控除、扶養控除、医療費控除、生命保険料控除、地震保険料控除等を受ける人

申告についてのお願い

感染症等防止の観点から、申告時の三密(密集・密閉・密接)を避け、申告会場に留まる時間を短くする必要があります。そのため、相談に時間を要する次の書類を提出する場合には、あらかじめご自宅での計算・書類作成をお願いします。
ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

1.収支内訳書

収支内訳書の対象期間は、1月1日から12月31日までとなりますので、申告書提出までの間に、ご自身で収支内訳書が作成できるよう、日々の売り上げと経費の整理(領収書や帳簿への記帳)を後回しにせず、その都度行ってください。

2.医療費控除の明細書

医療費控除の対象は、1月1日から12月31日までに支払った医療費となりますので、申告書提出までの間にご自身で明細書が作成できるよう、領収書等を整理しておいてください。

申告会場でのお願い

感染症等の拡大防止及び円滑な申告会場運営の観点から、次の事項にご協力ください。

  1. 受付票のご記入
  2. マスクの着用、手指消毒、体温測定
  3. 混雑時間帯を回避しての申告
    (主な混雑時間帯)
     公民館:各日開始時間から正午まで
     本庁:申告初日から5日目まで及び各日開始時間から正午まで

令和3年度の申告について

令和3年度 市・県民税申告のご案内(PDF 256KB)

令和3年度 住民税申告書(一般)(白紙)(PDF 342KB)
令和3年度 住民税申告書(一般)(白紙)(Excel 178KB)

令和3年度 住民税申告書(分離)(白紙)(PDF 152KB)
令和3年度 住民税申告書(分離)(白紙)(Excel 59KB)

令和3年度 特定配当等・特定株式譲渡所得申告書(Excel 27KB)

上場株式等に係る譲渡損失の繰り越し控除明細書(第57号様式)(PDF 82KB)

お問い合わせ

市民税課

電話番号:0898-36-1510
メール:siminzei@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1