トップページ総務管財課個人情報保護制度

個人情報保護制度

 今治市の各実施機関における個人情報の適正な取扱いを定め、開示等を請求する権利を保障することにより、個人の権利利益を保護するとともに、公正で信頼される市政の運営に資することを目的とした制度です。

情報公開・個人情報保護請求状況のページ

個人情報保護の基本ルール

個人情報の保有の制限等

 個人情報の保有については、事務遂行に必要な範囲内に限定し、また、個人情報を収集するときは、利用の目的を明らかにしなければなりません。

適正管理

 個人情報は正確かつ最新のものとして管理し、漏えいや紛失等を防ぐ措置を講じなければなりません。

利用及び提供の制限

 個人情報の利用は、原則として、利用の目的の範囲内に限定しなければなりません。
 実施機関は、原則として、個人情報を収集した目的以外に実施機関内部で利用したり、外部に提供いたしません。

開示請求等

 どなたでも、実施機関に対して、自己に関する個人情報について、以下の請求をすることができます。ただし、「公文書」に記録された個人情報に限ります。公文書とは、実施機関の職員が職務のため作成し、または取得した文書、図画、電磁的記録で、組織的に用いるものとして、実施機関が保有しているものをいいます。

開示請求

自己に関する個人情報の開示請求

訂正請求

自己に関する個人情報が事実でないときの訂正請求

利用停止等の請求

自己に関する個人情報が条例の制限を超えて収集、保有、利用、提供されているときの利用停止等

請求書のダウンロード

個人情報開示請求書(PDF 271KB)
個人情報開示請求書(Word 36KB)

個人情報開示請求書(特定個人情報)(PDF 300KB)
個人情報開示請求書(特定個人情報)(Word 46KB)

個人情報(訂正・追加・削除)請求書(PDF 287KB)
個人情報(訂正・追加・削除)請求書(Word 36KB)

個人情報(訂正・追加・削除)請求書(特定個人情報)(PDF 300KB)
個人情報(訂正・追加・削除)請求書(特定個人情報)(Word 46KB)

個人情報(利用停止・消去・提供停止)請求書(PDF 290KB)
個人情報(利用停止・消去・提供停止)請求書(Word 36KB)

個人情報(利用停止・消去・提供停止)請求書(特定個人情報)(PDF 300KB)
個人情報(利用停止・消去・提供停止)請求書(特定個人情報)(Word 46KB)

開示請求の前に

 実施機関が保有する個人情報は、本人には原則として開示されるべきものです。開示請求に当たっては、まず、それぞれの担当課にご相談ください。請求手続を取るまでもなく、開示できる場合があります。

開示できない情報

 個人情報は、本人に対しては開示が原則ですが、第三者の個人情報が含まれている場合など、一定の場合には開示できないことがあります。

開示請求の方法

 個人情報の開示請求等は、本人または法定代理人(未成年者または成年被後見人の法定代理人等)のみ行うことができます。ただし、特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)については、任意代理人による開示請求が可能です。
 請求に当たっては、所定の請求書に必要事項を記載の上窓口に提出してください。その際、自動車運転免許証など本人であることを確認できる身分証明書等を提示していただく必要があります。
 郵送による請求の場合は、必要事項を記載した請求書に、本人であることを確認できる書類の写しを同封して、実施機関へ送付してください。

開示の決定等

 実施機関は、窓口で請求書を受け付けた日から原則として15日以内に、請求された個人情報の開示等の決定を行います。(対象となる個人情報が記録された公文書が大量で、検索に時間がかかるときなど例外的に開示決定までの期間を延長する場合があります。)

費用等

 請求そのものや開示の際の閲覧は無料です。写しの交付を受ける場合はコピー(A4モノクロ)1枚につき10円の複写料をいただきます。
 郵送による写しの交付を希望する場合は、上記の複写料に加え、郵送料(実費)を負担していただきます。

審査請求及び取消訴訟

 個人情報の開示請求等に関する決定の内容に不服があるときは、決定を知った日の翌日から起算して3か月以内に審査請求をすることができます。
 また、裁判所に決定の取消しを求める訴訟を提起することもできます。決定の取消しの訴えは、決定を知った日の翌日から起算して6か月以内に提起する必要があります。

お問い合わせ

総務管財課

電話番号:0898-36-1502
メール:soumuk@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1 本庁第2別館3階