学校給食での地産地消

(1)自校式調理場の設置

 旧今治市では、昭和39年6月に建設された学校給食センターで、21,000食(昭和57年当時/24小中学校)の学校給食を作っていましたが、この調理場の老朽化に伴い単独自校方式の調理場の導入を決め、昭和58年4月の鳥生小学校を皮切りに、各小学校へ自校方式の調理場を順次整備しました。
 現在は、9つの単独調理場と14の共同調理場(うち4つは親子方式[調理場が小学校内にあり、近隣の学校の給食を一緒に作る方式])で小学校30校、中学校18校、幼稚園2園の約14,000食の給食が調理されています。全調理場に栄養士を配置し、それぞれの調理場ごとに献立を作成して、手作りにこだわった給食を供給しております。また、調理場ごとに献立が違うことで、1調理場当たりの野菜や果物の必要数量が少なくなり(多い所で約3,000食分)、地元今治の農産物を取り入れやすいという状況が生み出されています。

(2)今治市産食材の活用

 学校給食の食材は、今治市産の米、麦、大豆等の農産物を優先的に使用しています。また、遺伝子組み換え食品の使用は避けています。さらに最近では、地元水産物も徐々に使われ始めました。

ア 今治市産特別栽培米(農薬・化学肥料それぞれ50%以上削減)の使用

 学校給食に使う米は、玄米で保管し、月に1~3回精米して23か所の調理場に配達されています。そのため、「つきたて」、「炊きたて」のご飯が提供され、子ども達にはおいしいと好評です。

学校給食米用の精米機の写真
学校給食米用の精米機

イ 今治市産小麦を使用した給食用パン

 この地域では、はだか麦の栽培は盛んに行われておりましたが、小麦の栽培はほとんど行われていませんでした。そこで、平成12年に西南暖地用のニシノカオリという小麦の栽培を試験的に行い、翌年、その小麦を使用した今治市産小麦100%のパンを給食に提供しました。その後、小麦の栽培面積を広げ、供給初年度は、約2週間分しか供給できなかった今治市産小麦100%のパンが、現在は年間の6~7割程度供給できるようになりました。(現在はニシノカオリの後継品種のミナミノカオリを使用)

 学校給食での今治市産パン用小麦の使用割合について(学校給食課のページ)

ウ 今治市産大豆を使った豆腐の使用

 市内15か所の調理場では、各調理場が日程を合わせて「豆腐の日」を設定し、地元豆腐製造業者に今治市産のサチユタカという品種の大豆を使った豆腐を作ってもらって給食に使用しています。
 なお、給食に使われる今治市産大豆については、外国産大豆との価格の差額を、市より補填しております。

エ 今治市産野菜・果物の使用

 野菜や果物についても、今治市産のものを多く使用するため、各調理場の栄養士たちは、旬を考慮したメニューづくりを心がけております。また、単に地元の食材というだけでなく、有機農産物や無農薬野菜の使用を進めています。

(ア)立花地区での取り組み

昭和58年の鳥生小学校の自校式調理場の建設に伴い、その校区で生産された有機農産物の学校給食での使用が始まりました。この取り組みは、その後、立花小学校、城東調理場にも拡大し、現在、約1,400食、市全体の約1割を占めています。
この取り組みは、旬の野菜を中心に行われ、生産者が順番に調理場まで届けています。この3調理場での今治市産有機野菜の使用割合は、年平均40%前後となっていますが、有機の割合が100%に満たないのは、この地方で栽培できない野菜などを他から購入しているためと旬の時期以外に恒常的に供給することが困難な野菜があるためです。
また、平成13年4月1日より改正JAS法が施行され、有機食品等の認証制度(有機JAS)がスタートした時には、いち早く生産者達がこの認証を取得しており、JAS認証を受けた有機野菜を使用している全国でもめずらしい給食が生徒たちに出されています。
現在は、立花地区以外にも有機野菜の導入を図るために、調理場単位での有機野菜の生産グループの結成を農家やPTAへ働きかけています。
JA今治立花のホームページにもこの地産地消の取り組みが掲載されています。
JA今治立花ホームページ「地産地消のお話」

(イ)立花地区以外での取り組み

今治市産の野菜や果物を多く使用するため、旬の時期の野菜や果物については、産地指定(毎月10~20品目程度は今治市産を指定)をしての入札を行っております。それらの取り組みにより、平成24年度は、学校給食で使用される野菜や果物の約6割が今治市産となっています。
今治市産農産物の導入割合の詳細について(学校給食課のページ)

オ 地魚の導入

 学校給食への地魚の使用は、供給体制の問題やコスト面などから困難でしたが、地元の各漁協の協力により、平成21年度より徐々に使用量が増え始めました。翌年度には、大三島漁協にある水産物加工場で加工処理(切り身など)して冷凍保存をすることで、大量に供給する体制ができたことから、日本でも有数の水揚げ量を誇る天然マダイを使った給食を、市内の全小中学生に振舞う取り組みを実施しました。この取り組みは現在も続いており、年に2回、天然マダイを使った給食をこどもたちに出しています。

カ 地産地消今治ブランド週間

 平成21年度より、毎年11月から12月を地産地消今治ブランド月間と位置づけ、その間は市内のどこかの調理場で、1週間、すべて今治市産の食材(但し、調味料、乳製品は除く)を使用した給食を実施しています。

お問い合わせ

農林振興課

電話番号:0898-36-1542
メール:nourin@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1