トップページ納税課督促手数料、延滞金、滞納処分について

督促手数料、延滞金、滞納処分について

税は納税者または特別徴収義務者が、定められた納期限までに自主的に納めていただくことになっています。この納期限までに税金が完納されない場合には、次のような滞納処分をおこないます。

督促手数料

 税等を納期限までに納付されていない場合は、納期限後20日以内に督促状を発送し、発送と同時に、督促状1通につき督促手数料100円もあわせて納めていただくことになります。

 なお、督促手数料は、平成27年4月から、実費相当額の100円に改定されました。改定後も、平成27年3月発送分までの督促手数料は、1通につき50円のままです。

 市民負担の公平性の確保および経費削減のため、納期限内に納付いただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。

延滞金

 納期限内に納めた人との公平性を保つため、本来納めるべき税額のほかに延滞金もあわせて納めていただくことになります。

 延滞金の計算は、平成25年12月31日までは、納期限の翌日から1か月は、税額に4.3%、1か月経過後は、税額に年14.6%の割合を乗じた額です。

 平成26年1月からは、納期限の翌日から1か月は、税額に年2.9%、1か月経過後は、税額に年9.2%の割合を乗じた額となります。

 平成27年1月からは、納期限の翌日から1か月は、税額に年2.8%、1か月経過後は、税額に年9.1%の割合を乗じた額となります。

 平成29年1月からは、納期限の翌日から1か月は、税額に年2.7%、1か月経過後は、税額に年9.0%の割合を乗じた額となります。

 ただし、延滞金の確定金額が1,000円未満のときはその全額を切り捨て、端数に100円未満の端数があれば、これも切り捨てます。

 ※利率については各年ごとに見直しがあります。

差押さえ

 滞納になると、督促状を発送するほか文書や電話などによる催告などを行います。それでもまだ税金や延滞金が完納されない場合は、その方の財産(不動産・預貯金・生命保険など)や給与を差し押さえ、さらにその財産を公売するなどの滞納処分を行うことになります。

期限内納付にご協力を

このように、税の滞納は、納税者または特別徴収義務者にとって不利益であることはもちろん、今治市にとっても滞納整理に貴重な市税を費やすこととなるわけですから、期限内納付にぜひご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

納税課

電話番号:0898-36-1512
メール:nouzei@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1