トップページ障がい福祉課耳マークをご存知ですか

耳マークをご存知ですか

耳マーク

 聴覚障害は外見ではわかりにくい障害です。周りの人から聞こえないことを理解してもらえず誤解されやすいため、「聞こえない・聞こえにくい」ことを自己表示するマークとして「耳マーク」が考案されました。
 人生の途中で聞こえが不自由になった中途失聴・難聴者の方は、手話によるコミュニケーションが難しいため、「筆談」「大きな声で話す」「口元を見せてゆっくり話す(対応者の口元を見て理解するため)」などの配慮が大切であることから、市役所の各窓口には、中途失聴・難聴者の方が筆談の申し出をしやすいように「筆談します」と書かれた「耳マーク表示板」を設置しています。

 また、今治市には難聴などの聴覚に障害のある方が筆記通訳を必要とする場合に、話の要点を書いて伝えてくれる要約筆記者を派遣する制度があります。市内に在住の聴覚障害及び音声・言語機能障害の身体障害者手帳をお持ちの方が利用できます。派遣を希望する方はあらかじめ登録が必要ですので、次までご連絡ください。

要約筆記者派遣制度 委託先

NPO法人ファインサポート・パピエ
電話番号・ファックス番号:0898-48-7722

お問い合わせ

障がい福祉課

電話番号:0898-36-1527
メール:syougaifukus@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1