トップページ障がい福祉課療育手帳の交付申請

療育手帳の交付申請

 療育手帳は、各種の福祉サービスを受けやすくするために必要な手帳です。
 交付対象者は、愛媛県福祉総合支援センターにおいて、知的障害や精神発達遅滞と判定された方です。

  1. 新規交付申請の手続き
  2. 障害程度確認の手続き
  3. 再交付申請の手続き
  4. 記載事項の変更
  5. 手帳の返還手続き

1.新規交付申請の手続き

手帳をはじめて取られる方の手続き

(1)窓口 本庁障がい福祉課、各支所住民サービス課
(2)提出書類 療育手帳交付申請書
療育手帳交付(確認)申請調書
写真1枚(縦4cm×横3cm:脱帽して顔の分かる写真)
(3)備考 交付申請書については、本庁障がい福祉課及び各支所住民サービス課にあります。保護者の方が代わって申請することができます。
(4)交付までの手順
  1. 市役所(各支所)で交付申請の手続きをとります。
  2. 愛媛県福祉総合支援センターから申請者に直接、電話で判定日の連絡があります。
  3. 愛媛県福祉総合支援センターの判定を受けます。(月に2回程度今治市役所でも行っています。)
  4. 結果が判明し、知的障害と判定された場合、手帳が発行され、市役所に郵送されます。
  5. 市役所(各支所)から、申請者宛に郵便でお知らせします。
  6. 市役所(各支所)まで取りに来ていただき、各種制度の説明を受けます。
※申請から、交付までに1~2か月かかることがあります。

2.障害程度確認の手続き

手帳に記載されている次の判定日までにする手続き

(1)窓口 本庁障がい福祉課、各支所住民サービス課
(2)提出書類 療育手帳障害程度確認申請書
療育手帳交付(確認)申請調書
写真1枚(縦4cm×横3cm:脱帽して顔の分かる写真)
※平成25年4月1日以降に程度確認を受けた場合は、写真は不要。
(3)備考 申請書については、本庁障がい福祉課及び各支所住民サービス課にあります。保護者の方が代わって申請することができます。交付までの手順は、新規の交付申請の場合と同じです。

3.再交付の手続き

手帳手帳を紛失、破損又は記載欄への余白がなくなった場合の手続き

(1)窓口 本庁障がい福祉課、各支所住民サービス課
(2)提出書類 療育手帳再交付申請書
写真1枚(縦4cm×横3cm:脱帽して顔の分かる写真)
療育手帳(紛失の場合は不要)
(3)備考 再交付申請書については本庁障がい福祉課及び各支所住民サービス課にあります。保護者の方が代わって申請することができます。破損した療育手帳については、内容確認後いったんお返しし、後日、手帳交付時に新しい手帳と引き換えします。

4.記載事項の変更

手帳に記載している、居住地、氏名、保護者等の変更がある場合の手続き

(1)窓口 本庁障がい福祉課、各支所住民サービス課
(2)提出書類 療育手帳記載事項変更届
(3)備考 療育手帳記載事項変更届については本庁障がい福祉課及び各支所住民サービス課にあります。保護者の方が代わって申請することができます。手帳は市役所で記載後、お返しします。

5.手帳の返還手続き

手帳を返還する時の手続き

(1)返還の理由
  1. 手帳の交付を受けた者が死亡した場合
  2. 交付対象者に該当しなくなった場合
  3. 再交付申請により新たに手帳を交付された場合
  4. 手帳を必要としなくなった場合
  5. 県外に住所移転し、転出先において新たに手帳の交付を受けた場合
(2)窓口 本庁障がい福祉課、各支所住民サービス課
(3)提出書類 療育手帳返還届、療育手帳
(4)備考 療育手帳返還届については本庁障がい福祉課及び各支所住民サービス課にあります。手帳の交付を受けた者が死亡した場合には、家族等の方が届け出てください。

お問い合わせ

障がい福祉課

電話番号:0898-36-1527
メール:syougaifukus@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1