トップページ防災危機管理課感染症に配慮した災害時の避難について

感染症に配慮した災害時の避難について

 「避難」とは「難」を「避」けることであり、危険な場所から避難することです。避難所に行くことだけではなく、自宅の安全な場所に移動することや安全な親戚、友人の家に行っておくことも避難です。災害が発生する前に、適切な避難場所の検討をしておきましょう。

 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、「自分の命」を守る避難行動と同時に感染予防も重要となります。感染症対策を含めた災害時の避難行動についてご家族やご近所の皆さんと話し合い、災害に備えましょう。

災害に備えて(準備)

〇身のまわりの災害のリスク及び避難所の確認
防災マップ等を確認し、事前にお住いの地域の災害リスクを確認しましょう。
また、近くの避難所等についても、確認しておきましょう。
〇避難所に持っていくものの準備・確認
市の備蓄品に無いものや数に限りのあるものもありますので、自分に必要なものは自分で持参しましょう。

避難所に持っていくもの

マスク体温計アルコール消毒液ウェットティッシュ、食料・飲料水、寝具(毛布等)、ビニール袋、トイレットペーパー等

災害が起こるおそれがある時、起きた時

〇躊躇なく自分の命を守る行動を
気象情報や避難情報に基づき、できればご近所の方にも声掛けを行い、時期を逃すことなく避難してください。

発熱や体調に異常がある場合

 避難所に来られる前に発熱や体調に異常がある場合は、事前に今治市防災危機管理課又は各支所までご連絡ください。避難所に来られて体調が優れない方は、速やかに運営スタッフにお申し出ください。

避難所内における感染症対策

〇基本的な対策の徹底
手洗いやうがい、手指の消毒をこまめに行いましょう。
マスクを着用し、咳エチケットを守りましょう。
朝夕1回ずつ体温を測定し、自らの健康管理を徹底しましょう。
〇衛生環境の確保
物品等を定期的に清掃するなど、避難所の衛生環境をできる限り整えましょう。
多くの人が触るドアノブ、蛇口等については家庭用洗剤などでこまめに除菌しましょう。
使用したティッシュやマスク等の衛生用品は、ビニール袋に封をして捨てましょう。
〇十分な換気やスペースの確保
避難所内は窓を開けるなど十分な換気に努めましょう。
ソーシャルディスタンスを意識して避難者同士で十分な距離を置きましょう。

周知書類ダウンロード

災害時における避難について(感染症対策)(PDF 69KB)

お問い合わせ

防災危機管理課

電話番号:0898-36-1558(課直通)・0898-36-1630(災害情報ダイヤル)
メール:bousai@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1