トップページ防災危機管理課ペットの災害対策について

ペットの災害対策について

 災害時には人だけではなく、多くのペットも被災します。災害時において、ペットを飼育するための備えは飼い主の皆さんの責任です。

災害時にはペットも一緒に避難(同行避難)しましょう

 災害時において、飼い主が自身の安全を確保した上で、災害の状況を見極め、より安全な避難場所を確保するために、ペットと共に避難行動(同行避難)をとることがペットを守るための第一歩です。

 災害が発生した場合、屋外に十分なスペースを確保できる学校等が避難所として開設されましたら、ペットも一緒に避難いただくことも可能となります。(犬、猫、小鳥など危害を及ぼさない動物に限ります。)
 なお、避難所以外にも安全が確保されている自宅での在宅避難や安全な場所にある親戚・ご友人やかかりつけの動物病院等にペットを預けることも選択肢として考えれらます。

同行避難とは

 災害時、ペットと一緒に避難所へ避難することをいいます。
 避難者の中には動物が苦手な方やアレルギーを持っている方もいるため、避難所においては、テントやケージ等を使用して人間とペットの居住空間を分けることとなります。

なぜ、同行避難が必要なのか?

 「ペットは家族の一員である」という意識が一般的になりつつあり、ペットと同行避難をすることは、飼い主である被災者の心のケアの観点からも重要あるとされています。
 また、過去の災害においては、飼い主とはぐれ、放浪状態となった動物が住民に危害をもたらす恐れや、犬や猫が繁殖し、在来の生態系や野生生物に影響を与えるなどの恐れが生じたため、被災地に人員を派遣して、保護や繁殖制限措置を取らなければならない事態も生じました。

飼い主の責務

 飼い主は、災害時におけるペットとの同行避難を想定し、平常時から防災マップ等でのお住いの地域の災害リスクの確認や避難ルートの検討をしておきましょう。
 また、避難先では通常の環境とは違い、ペットにとって大きなストレスとなりますので、平時からペットのしつけと健康管理、ケージやペット用の食料などの避難用品や備蓄品の確保をしておいてください。

避難先での飼養管理

 避難先でも平常時と同様に、ペットの世話やペットフードの確保、飼養場所の管理は原則として飼い主の責任で行うことになります。大勢の人が共同生活を送る避難所などにおいては、ペットを原因としたトラブルが生じないよう、ペットを飼養していない避難者に配慮するとともに、ペットの健康と安全を確保するための措置を講じるなど、飼い主には、平常時以上に、適正な飼養管理をするための努力が求められます。

最後に

 飼い主がペットの防災を考え、十分な備えをすることは、自分自身や家族についても災害に備えることにつながり、「自助」によるペットの災害対策を講じることが、自分自身や家族、さらには地域の防災力の向上にもつながります。

お問い合わせ

防災危機管理課

電話番号:0898-36-1558(課直通)・0898-36-1630(災害情報ダイヤル)
メール:bousai@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1