トップページ防災危機管理課いまばりシェイクアウト訓練(今治市民一斉防災行動訓練)

いまばりシェイクアウト訓練 (今治市民一斉防災行動訓練)

シェイクアウトとは

2008年にアメリカで始まった新しい形の訓練で、同時刻に一斉に参加者全員が、机の下に隠れるなどの身の安全を図る行動を取ることによって、「自分自身の安全は自分で守る」ことを身につけ、災害があっても「ケガ」をしないことを基本に、身近な人を助けるなど地域防災力の強化を目的としています。

小さな子どもから大人まで行える簡単な訓練となっており、自宅や会社等の日頃からの防災対策を確認するきっかけづくりとする訓練です。

Shake Outは発案者の造語です。造語なので辞書にはありません。直訳すれば、「地震をぶっとばせ」「地震に負けるな」となります。

正式名称はShake Outで、日本においては和訳して 「シェイクアウト」ないしは「シェイクアウト訓練」と表記しています。

訓練は3つの安全行動をその場で行うだけ!まず低く、頭を守り、動かない。1分程度です。

実施日時

令和3年9月1日(水曜日)午前8時30分から1分程度

※8時30分に実施できない機関や団体につきましては、9月1日中のご都合の良い時間に実施していただいたので構いません。

いまばりシェイクアウト訓練ちらし(PDF 440KB)

参加予定区分

個人・家族、自治会・自主防災会、学校、保育所・幼稚園、企業・団体など

訓練参加者事前登録

事前登録期限 令和3年8月31日(火曜日)午後5時

事前登録は終了しました。ご協力ありがとうございました。

訓練開始の合図

今回、スマートフォンを利用して、合図の音源を鳴らすことができます。

※スマートフォンでの音源が利用できない場合は、参加者の合図で開始してください。また、9月1日に訓練をするのであれば、一斉訓練の参加とさせていただきますので、参加者の都合のよい時間に参加者の合図で開始してください。

 

安全行動1-2-3

まず低く、頭を守り、動かない

1.まず低く! 「DROP!」

強い揺れで倒れることがないようにしましょう。

2.頭を守り! 「COVER!」

固定された机やテーブルの下に入り、頭を守りましょう。

屋外などで頭を守るものがない場合は、腕や荷物を使って頭を守り、落下物、塀の倒壊などのおそれがない安全な場所に避難しましょう。

3.動かない! 「HOLD ON!」

揺れが止まるまで1分程度、動かずじっとしていましょう。

※訓練の際は、周囲の状況をよく確認し、怪我のないように実施してください。また、訓練の実施に際し、危険を感じた場合は直ちに訓練を中止してください。

プラス1訓練について

安全行動をとったあとは「プラス1」訓練を行いましょう。

以下を参考に計画してみてください。

※プラス1訓練は任意です。

  • 自地域の避難訓練に参加する・企業等で避難訓練を実施する
  • 家族の集合場所や、避難経路・避難場所の確認
  • 非常持ち出し品の確認(非常食・日用品等)
  • 備蓄品の内容や期限切れ等の確認
  • 家具や棚等の転倒防止策・配置等の確認
  • ガスの元栓の締め方。ブレーカーの落とし方の確認
  • 災害用伝言サービスの方法確認
  • 災害時の行政からの情報収集手段の確認

事前学習について

日本でのシェイクアウトの普及母体

「効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(日本シェイクアウト提唱会議)」が日本での普及母体です。今回、実施するシェイクアウト訓練もイラストの使用など、日本シェイクアウト提唱会議のご協力をいただいています。

The Great Japan ShakeOut ホームページ(外部サイト)

シェイクアウト訓練の目指すところ

日本版シェイクアウトは次のような訓練を目指します。

  • 短時間で終わる訓練
    負担をかけない、参加しやすい
  • 効果を実感できる訓練
    納得する、行動として体得する、忘れない
  • 気付きがある訓練
    知識が増える、理解が深まる
  • 助け合いの大切さがわかる訓練
    自助・共助の大切さを実感する

お問い合わせ

防災危機管理課

電話番号:0898-36-1558(課直通)・0898-36-1630(災害情報ダイヤル)
メール:bousai@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1