トップページふるさと納税寄付金の使い道今治を守る(高齢者支援、環境保全等)

3 今治を守る(高齢者支援、環境保全等)

防災

自主防災組織の活性化や防災士の育成事業

 平成30年7月豪雨では、今治市においても大規模な土砂災害により甚大な被害が発生し、自助・共助の大切さを再認識しました。今後、南海トラフ巨大地震も懸念される中、共助の部分である自主防災組織の活性化、防災士育成の取り組みを推進し、更なる地域防災力の向上を図ります。

防災士フォローアップ研修の写真
防災士フォローアップ研修1

防災士フォローアップ研修2の写真
防災士フォローアップ研修2

備蓄用食料・物資の購入

 地震などの緊急時に備え、食料や日用品等の物資を備蓄しています。


各家庭での備え(自助)も必要です。

高齢者・障害者支援

今治市では、高齢者や障がい者の方々も安心して暮らせるやさしいまちを目指しています。

高齢者見守り事業

 独居老人の安否確認を兼ねた配食事業や民生委員、見守り推進員の訪問など、地域ぐるみで見守りを行うもの。

環境保全

野生鳥獣による農作物被害対策事業

 農地にイノシシ等の野生鳥獣の侵入を防ぐため設置する電気柵やワイヤーメッシュ柵などの防護柵の資材購入費を補助しています。
 また、被害防除のための講習会や、わな猟捕獲技術研修会を実施するなど、農作物被害の軽減に向けた取組みを行っています。

動物駆逐用煙火講習会の写真
動物駆逐用煙火講習会

わな猟技術向上研修会の写真
わな猟技術向上研修会

水産資源保護事業

 藻場造成や森づくりにより、悪化する海洋環境の改善に取り組むとともに、減少した水産資源を稚魚放流等により回復させています。

ヒラメを触ってみようの写真
ヒラメを触ってみよう(令和元年度の様子)

稚魚の放流をお手伝いの写真
稚魚の放流をお手伝い(令和元年度の様子)

放流の様子の写真
放流の様子

救急医療体制

第二次救急医療体制維持

 医師会、各病院との連携強化、愛媛大学医学部附属病院の医療チーム派遣等により、市民が365日医療を受けられ安心して暮らせる体制の構築を図っています。

お問い合わせ

営業戦略課

電話番号:0898-36-1554(直通)
メール:i.i.furusato@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1