イベント・展覧会

館蔵品展「岸浩―反復するイメージ」

期間:2020年8月1日 〜 2020年9月27日

館蔵品展「岸浩—反復するイメージ」

岸浩は愛媛県松山市出身の洋画家です。自身のアトリエで見た白昼夢―<真昼の夢>のイメージから
現実と非現実を融合させた「鳥男」や「鳥女」のシリーズを制作、広島への原爆投下を遠望した
原体験から生まれた黒雲など、様々な要素を含ませながら繰り返し描きました。
今展では、岸が描かずにいられなかった反復するイメージとともに、親交のあった画家とのつながりや
作品を通して、岸の画業の変遷や絵画への想いにふれていただけましたら幸いです。

《不意の出来事》  岸 浩
《不意の出来事》 岸 浩

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後5時
観覧料
一般:520円 学生:260円
団体割引(20人以上):大人420円、学生210円
休館日
毎週月曜日
(祝日の場合は原則翌日振替)
12月29日から翌年1月3日まで

ご利用案内の詳細はこちら

申請書のダウンロードはこちら

コレクションのご紹介

B婦人像の画像
B婦人像
松本竣介 1941年
<< >>
SUMMERの画像
SUMMER
朝倉響子 1984年
<< >>
綱渡り師の画像
綱渡り師
パウル・クレー 1923年
<< >>

more collection

おすすめサイト

せとうち美術館ネットワーク

今治市観光情報

「私のミュージアム紀行」ぜひご覧ください

雑誌に掲載されました
PDFで閲覧(2.3MB)

ページの先頭へ