イベント・展覧会

館蔵品企画展「光と影 / モノクローム」

期間:2024年5月14日 〜 2024年7月24日

西洋絵画では古来より、光と、光によって生まれる陰影を意識した表現がなされてきました。第1展示室では、写真造形作家・鈴鹿芳康氏によるピンホール写真を阿波和紙に表現した作品と、館蔵品のなかから、光と影の捉え方に注目した油彩画を展示しています。
第2展示室では、画家の国籍、描かれた年代、制作技法などを問わず、白と黒のモノクロームで表現された作品を展示しています。モノクロームの作品にもみられる光と影の表現とともにお楽しみください。

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後5時
観覧料
一般:520円 学生:260円
団体割引(20人以上):大人420円、学生210円
休館日
毎週月曜日
(祝日の場合は原則翌日振替)
12月29日から翌年1月3日まで

ご利用案内の詳細はこちら

申請書のダウンロードはこちら

コレクションのご紹介

SUMMERの画像
SUMMER
朝倉響子 1984年
<< >>
B婦人像の画像
B婦人像
松本竣介 1941年
<< >>
綱渡り師の画像
綱渡り師
パウル・クレー 1923年
<< >>

more collection

おすすめサイト

せとうち美術館ネットワーク

今治市観光情報

「私のミュージアム紀行」ぜひご覧ください

雑誌に掲載されました
PDFで閲覧(2.3MB)

ページの先頭へ