トップページ障がい福祉課今治市障がい福祉施設に係る新型コロナウイルス感染症検査費用補助金

今治市障がい福祉施設に係る新型コロナウイルス感染症検査費用補助金

1.目的

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、障がい福祉施設への新規入所者や通所系訪問系サービス利用者及び事業所職員に対する自主的な検査費用について補助を行います。

2.補助対象

(1)障がい福祉施設に新規入所する利用者(市内に住所を有する者に限る。)に対し、自費で行ったPCR検査や抗原検査

(2)障がい福祉施設や事業所等が、業務上必要な研修や2親等以内の親族の冠婚葬祭で、緊急事態宣言を発出されている区域を往来した職員に対し行ったPCR検査や抗原検査

(3)濃厚接触者のうち通所系及び訪問系サービス利用者に対し、行ったPCR検査や抗原検査

(4)その他市長が必要と認める利用者及び職員

※補助対象は費用を負担した法人です。

※当面の間、「事業所が検査が必要だと判断した職員」をその他市長が必要と認める職員として、補助対象とします。

※上記(3)は令和4年10月1日以降に行った検査が補助対象となります。なお、この措置は今治保健所業務の重点化終了までとします。

※行政検査の対象となっている利用者については補助の対象ではありません。

※新たに、抗原検査キットを使用した自主検査についても、補助対象とします。ただし、令和4年8月1日以降は、厚労省の承認を受けた抗原検査キットを使用した場合に限ります。厚労省承認キット一覧については以下のリンクでご確認ください。
新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)の承認情報(外部サイト)

3.補助対象の障がい福祉施設(市内)

新規入所者 市内で施設入所支援、短期入所、共同生活援助を実施する障がい福祉施設
職員及び利用者 市内で居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、短期入所、生活介護、施設入所支援、共同生活援助、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援、児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援、相談支援及び障害児相談支援を提供する施設・事業所並びに障害者就業・生活支援センター、地域活動支援センター、小規模作業所及び身体障害者福祉センター

4.補助額

  令和5年3月31日まで 令和5年4月1日以降
新規入所者 PCR検査 1件につき 10,000円(上限)
抗原検査 1件につき 5,000円(上限)
PCR検査 1件につき 5,000円(上限)
抗原検査 1件につき 3,000円(上限)
職員・利用者 PCR検査 1件につき 5,000円(上限)
抗原検査 1件につき 3,000円(上限)

※検査費用が上限額より低い場合は実費額

5.補助対象期間

令和3年7月9日から令和6年2月28日までにPCR検査等の自主検査を実施した場合

6.様式

申請書兼請求書 別記様式第1号(Word 11KB)

実績報告書 別紙(Word 9KB)

添付書類(Excel 14KB)
添付書類記入例(新規入所者)(PDF 36KB)
添付書類記入例(職員)(PDF 36KB)

仕入れに係る消費税等相当額報告書 別記様式第2号(Word 14KB)

※1 実績報告書には領収書や検査結果、施設入所者の場合は利用契約書等必要書類を添付してください。
※2 別記様式第2号は申請時に添付していただく必要はありません。法人の決算後に必要事項を記入した上で提出してください。

7.当面の間、検査対象者の拡大及び要件緩和を延長しています

くわしくは愛媛県のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

8.その他

詳しくは障がい福祉課もしくは補助対象の障がい福祉施設にお問い合わせください。

お問い合わせ

障がい福祉課

電話番号:0898-36-1527
メール:syougaifukus@imabari-city.jp
〒794-8511 今治市別宮町1丁目4番地1 本庁本館1階