副反応

一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛、筋肉や関節の痛みなどがみられることがありますが、ほとんどが2~3日以内に回復しています。

新型コロナワクチンでは、接種後、次の症状が現れる可能性があります。

接種後すぐに現れる可能性のある症状

アナフィラキシー
  • 薬や食物が体に入ってから、短時間で起こることのあるアレルギー反応です。
  • じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が、急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合をアナフィラキシーショックと呼びます。
  • 起こることは極めてまれですが、接種後にもしアナフィラキシーが起こっても、すぐに対応が可能なよう、ワクチンの接種会場や医療機関では、医薬品などの準備をしています。
血管迷走神経反射
  • ワクチン接種に対する緊張や、強い痛みをきっかけに、立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります。
  • 誰にでも起こる可能性がある体の反応で、通常、横になって休めば自然に回復します。
  • 倒れてケガをしないように、背もたれのある椅子に座って様子をみてください。

接種後、数日以内に現れる可能性のある症状

発現割合 ファイザー社製 武田/モデルナ社製
50%以上 接種部位の痛み、疲労、頭痛 接種部位の痛み、疲労、頭痛、筋肉痛
10~50% 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ 関節痛、悪寒、吐き気、嘔吐、リンパ節症、発熱、接種部位の腫れ、発赤・紅斑
1~10% 嘔吐 接種後7日以降の接種部位の痛みや腫れ、紅斑

副反応についての報告(厚生労働省 新型コロナワクチンの接種後の健康状況調査参照)

  • 1回目の接種よりも2回目の接種で頻度の高い傾向がある。
  • 年齢が上がると発現する頻度が低くなる傾向がある。
  • 男性よりも女性の方が発現する頻度がやや高い傾向がある。

新型コロナワクチンの副反応について(厚生労働省ホームページ)

新型コロナワクチンの接種後の健康状況調査(厚生労働省ホームページ)

予防接種健康被害救済制度

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に予防接種法に基づく救済が受けられます。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

救済制度の内容については、下記ページをご参照ください。
予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ

今治市新型コロナウイルスワクチン接種推進本部(今治市役所第2別館8階)

電話番号:0898-36-1621(直通)
ファックス番号:0898-36-1631(直通)