イベント・展覧会

パネル展「海城の形が変わった!!」【 2020年10月3日~2021年3月14日 】

期間:2020年10月3日 〜 2021年3月14日

海に大きく関わる城である海城(うみじろ)。
中世に村上海賊がいた能島城・来島城から、近世に大名の居城になった今治城へ。
時代とともに変化した海城の形に注目します。

【会 期】2020年10月3日(土)~ 2021年3月14日(日) ※休館日:12月29日~31日
     午前9時~午後5時

【会 場】天守2階展示室

【観覧料】常設展と共通です。はじめに、天守1階の観覧券売場でお求めください。
     →金額は「ご利用案内」参照

【展示パネル 内容】

  • 「海城」とは?
  • 中世の海城と近世の海城
  • 能島城(愛媛県今治市)
  • 来島城(愛媛県今治市)
  • 甘崎城(愛媛県今治市)
  • 亀山城(愛媛県上島町)
  • 中世の海城の特徴
  • 中世から近世へ
  • 大名の居城が移動 ―小早川氏の事例から―
  • 今治城(愛媛県今治市)
  • 三原城(広島県三原市)
  • 高松城(香川県高松市)
  • 小倉城(福岡県北九州市)
  • 臼杵城(大分県臼杵市)
  • 近世の海城の特徴

※備考:新型コロナウイルス感染状況によっては、中止または延期をすることがあります。

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後5時
観覧料
一般:520円
学生:260円
高校生以下または18歳未満:無料
高齢者(65歳以上):420円
団体割引(20人以上):一般420円、学生210円
休館日
12月29日~12月31日
その他展示替など、運営上必要なとき

ご利用案内の詳細はこちら

申請書のダウンロードはこちら

フォトコレクション

鉄御門の画像
鉄御門
鉄御門(くろがねごもん)の外観
<< >>
今治城遠景の画像
今治城遠景
天守、山里櫓
<< >>
ライトアップの画像
ライトアップ
武具櫓方面
<< >>

おすすめサイト

せとうち美術館ネットワーク

今治市観光情報

「私のミュージアム紀行」ぜひご覧ください

雑誌に掲載されました
PDFで閲覧(2.3MB)

ページの先頭へ